スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹内結子、西島秀俊の思わぬ行動に「やだ、照れちゃう!」

女刑事「姫川玲子」の役柄に合わせ、黒を基調にしたシックなドレス姿で登場した竹内は、「ご覧いただいてありがとうございますということと、いっそのこと、(作品を見終わった皆さんの)余韻をぶっ壊してやりますから、どうぞ、楽しんで行ってください」と役柄を意識した口調で茶目っ気たっぷりに満面の笑みを浮かべた。劇中で、「姫川班」と呼ばれる竹内の部下達のひとりを演じた西島は、「作品を見て下さったお客様と直接お会いしてお話をしたかったので今日は嬉しいです」と感謝を述べた。


デビュー以来、元気で明るいアイドルみたいなヒロイン役が多かった竹内だが、2010年放送のスペシャルドラマから始まった「ストロベリーナイト」シリーズでは、陰を持ちながら、警察という男社会の中で戦う刑事役に挑戦した。
佐藤監督から、今作が、一連の「ストロベリーナイト」シリーズの「集大成」であり、最後の作品となることが明かされると、竹内は、2010年に始まった当初から「戦う誰かの勇気になればいいな」と思いながら姫川玲子を演じてきたエピソードを語った。
すべての人が心の中に何らかの陰や傷を持っているといい、「何か明日のための元気になればいいなと思って、ここまでやってきました」と、足かけ3年以上に渡り演じ続けてきたヒロイン役を振り返った。

また、バレンタインデーが話題に挙がった場面では、竹内が、「昨年、覚えています、西島さん?私、姫川班全員にバレンタインチョコを渡したんですよ。
そうしたらですよ、津川雅彦さんしか、お返しをくれなかった」と西島へ詰め寄り、「よかったら、送って下さい!」と、ホワイトデーのお返しを催促する一幕も。
しかし、そんな竹内へ、西島から、ステージ上でサプライズの赤いバラの花束が、「お疲れ様でした」の言葉と共に贈られた。これには竹内がびっくりで、「殿方から、バラをいただくなんて!」「やだ、照れちゃう!」と嬉しそうにはしゃいでいた。

2010年11月から始まった「ストロベリーナイト」シリーズは、2012年には連続ドラマとして放送された。
竹内がノンキャリアながら警部補に昇りつめた警視庁捜査一課の女刑事・姫川玲子を演じる。
映画「ストロベリーナイト」では、その姫川自身が事件を起こすといい、舞台挨拶に立った竹内は、「ここまで走ってきてよかった」「本当に、今までありがとうございます」と、詰めかけたファンへ感謝の言葉を告げた。


芸能界デビュー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:さんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
SEO
  • SEOブログパーツ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。